わたしばぶちゃん

なにかけばいいのかわかんない

ハッピーバースデー

わたしが小学生の時に読んだ本。
クラスの真面目な優等生が読書感想文で発表していて「こういう子ってどんな本を読んでるんだろう」と気になってすぐに借りた。内容は不幸だったけど幸福になるという王道だったのを覚えているけど、うろ覚え。ドラマ化したと聞いたときはびっくりした。買いたくて探してたけど見つからず、まぁいつか出会えればいいなぁと時が過ぎ去り、昨日図書館で他のものを借りようとしたときに手に触れてびびっときた。本当に痺れた。思わず借りてみました。

簡単に言えば親に見放された子供が本当の愛情を知り、愛の暖かさを周りに教えるストーリー。主人公の女の子が過度のストレスで声を失い、おじいちゃんおばあちゃんの元で養成する描写がとてつもなくすき。田舎の暖かさと、心をじんわり解していく様子がたんまりと書かれていた。緩速な絆され方よかった。
だからこそ後に出てくる学校のいじめ問題と人の突然の死に向き合わされるシーンは緩急すぎて不幸だと思ったけど主人公の心が強くなっていると知れてよかった。このお話しのポイントは「愛されなかった親は子の愛し方を知らない」ところなんだけど、素直にそれちょうわかるって感じだった。歴史は繰り返されるとはまさにこのこと。
冒頭の「おまえなんか生まれてこなければよかった」という心を潰す言葉は大変印象的だったけど「ハッピーバースデー、あすか。生まれてきてよかったね」という穏やかな最後で終えてくれたからとても素敵だった。昔読んでいたときもこの最後のセリフがじんわりきて、内容は忘れていたけどセリフは覚えていた。
カエルの子はカエルではなく劣化したおたまじゃくしだろって思っちゃうタイプの人におすすめする作品。物語にシンクロできちゃう人には泣ける感動作品だと思います。

これは児童書なのですんなりと読めた。わたしがひらがな民族なのでそれも相まって253pはあっという間に流れていった。読み終わった後に優等生は何を思ってこれを発表したんだろうと思ったから、いつかコンタクト取れたら聞いてみよう。

沈黙のエール

拾い物。

あらすじは自分で調べてね。

読み始めからシュークリームが食べたくなっちゃうお話し。でも内容を読むとカスタードクリィムのようにどろっどろしていた。主人公がわっくわくしながらフランスへの研修を目前に父が他殺。父を殺した犯人は誰か?これを軸として家族の秘密が解き明かされていく様子が好き。刑事の解説部分が少し面倒だと感じたけど、パズルのピースがきちんと繋がっていくのでストレスフリー。だけど、主人公って最初こそは意思があったのに最後になって物語の展開に合わせる為に息している舞台装置のように思えてきた。わらう。父は死ぬし兄は容疑者だと言われるし実は自分に甥がいたと今更知らされるし、亡くなった姉の恋人に姉の代用にされるわでメンタルが弱ってたと思うと仕方がない。
 個人的に深津と陣内が対面するシーンはこの物語の中で一番のお気に入り。賢い奴らが静かに敵意を放つ雰囲気を文章で感じることができた。深津は先天性の頭いい奴。陣内は後天性だと思う。しかしながら、陣内の愛の形は歪んでしまったけど、恋人の事を本当に愛していた結果だと考えると物語ー不幸な奴。この沈黙のエールで家族愛を滲ませてもらったし、感動したというコメントも見かけたけど、幸福に上書きされた不幸たちがシミを残しててなんとも言えない。登場人物の中で陣内さんがわたしの中でHOTな人間。覚えておこう。好きな人の為に自分の不幸&立場を利用するなんて中々できないよ。相手を1番に思っていない限り。
 最後になると沈黙のエールという言葉の意味が良く分かったのですっきり。沈黙じゃわからねーよ、言葉にしろ。と思わせるのもこの小説の醍醐味なのかな。個人的に東京をぶらぶらしたような気持になる描写が多かった。納得させてくれるけど感涙するほどじゃなかった。気が付けば終わっていたという感じ。

これ捨てた人、するっする読んで満足して捨てたのかな。物語を中断させて捨てたのかな。それもまた沈黙である。

新規

色々思う所あってブログ作り直しました。
読んだ本をまとめ直そうと思ったんだけど…
読書メーター - あなたの読書量をグラフで記録・管理
これよりも
わたしが読んだ本 (リリアロリ) - ブクログ
こっちにまとめようと思います。
読書していると人と解釈の捉え方が違うことに疑問を思うし、だけど感想文って普通に考えて十人十色なので議論するものでもない。個人的なただの趣味で終わらせたい、一人の時間を過ごす密かな趣味でいい。そう気づいたので本棚のようにまとめてくれるブクログがちょうどよかった。配色もかわいいにしてくれるし。

ところでわたしはハッピーエンド主義者なんだけど、バッドエンドやメリーバッドエンドの方が脳に残るということに気が付いた。それが酷く悲しい。全然ハッピーじゃない。ハッピーエンドって現実にはなかなか起こらない奇跡であるから、リアルのどろっどろしたありがちなバッドエンドたちの方が想像膨らんで受け入れやすいのかもしれない。おそらく感情移入できるタイプの人が好む系統なんだと思ってる。すごい。